ど根性ガエルドラマを見逃したかたや、原作アニメをみたいならhuluで

ど根性ガエル実写ドラマが日テレで始まりました。

原作は70年代ということで、ドンピシャのターゲットは40代〜50代くらいでしょうか?

何度か再放送されていたので、もっと後の世代も見たことはあるでしょうが、20代の方々にとってはまったく知らない人も多いのでしょうか?

見逃したかたは、日テレ無料TADAへ

実写版ドラマ「ど根性ガエル」第一話を見逃した人は2015年7月18日夜8時59分までなら、日テレ無料TADAで配信されいてます。

 

それも間に合わなかった方には、Huluで配信が開始されています。

screencapture-www-hulu-jp-search-1437108062365

しかも、アニメも全話配信中ですので、アニメを見ながらドラマの出演者との違いや似ているところを再確認するのもいいでしょう。

このアニメ、エピソード数が半端じゃないです。

全話で103話

1つのエピソードが25分なので、全て見ると2,575分=42時間55分かかります!!!

徹夜しても丸々2日掛かりますので、なかなか見きれないですが、ハマりだすと止まらないかもしれません。

ゴリライモが一番大人になってる

今回の設定は、アニメの頃から16年後の話。

ひろしも京子ちゃんも30歳になっていて、京子ちゃんが離婚して街に戻ってくるところから話が展開しています。

1話目を見た限りでは、ゴリライモがすっかり変わっていて、アニメの印象がまったく残っていないですね。

一番大人になっていて、パン屋の社長というなんともいい感じの設定。

ゴリライモの子分のような存在の「モグラ」が第4話に花火師として登場するようです。

演じるのは柄本時生。

ゴリライモ役の新井浩文とも親交があるので、ホントに弟分的な感じになるのでしょうね。

女性陣の張った声が、みんなぴょん吉に聞こえる?

ぴょん吉声を今回「満島ひかり」が演じています。

第一話を見て思ったのですが、母ちゃん役の「薬師丸ひろ子」と京子ちゃん役の「前田敦子」が声を張った時は、ぴょん吉に似ているように聞こえました。

3人共声質が似ているのか、女性が声を張り上げるとそんな感じが多いのか分かりませんが、似てるように感じましたね。

 

デスノートのドラマ版は大胆に物語の設定を変えてきましたが、ど根性ガエルは時代を変えて新しい話を紡いで行くのでしょうか。

 

2話めも楽しみですwww

※紹介している作品は、2015年7月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA